ゲドー戦記  ~ある福岡ナンパ師の物語~
命より大切な恋人から切り出された当然の別れ。 女心ってなんなんだ!?愛ってなんなんだ!? それを知る為に、今日から俺はナンパ師になる。 そんな一人の男の奮闘記!その名もゲドー戦記!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンパ師になった理由3 過去の話 後編
ナンパ師の中には、俺と同じように大切な人を失ったことが
理由でナンパを始める人は多いと思う。

『彼女』とまだ付き合ってたときに俺は、あるナンパ師さんの
日記を『彼女』に見せた。

そのナンパ師さんも同じ理由でナンパを始めた人だった。

俺は、その時『彼女』に

「俺も、君と別れたらこんな感じになるかもね!w」

とか言って2人で笑った。



まさか、本当にそうなるとは・・・。


では、後編にいきます!!


ランキング参加中↓ 続きの前にポチっとお願いします☆


『彼女』が東京に帰って2週間後、
その日は母の日だったので、夕方家族と食事をしに出かけていた。

『彼女』から電話が何度かかかって来ていたが、運転中だった俺は
電話に出れなかった。 

家に帰ってかけ直すと、電話にでた『彼女』は
案の定、ご機嫌斜めだった。

家族とご飯を食べに行ってた事を説明し、次第に『彼女』の
機嫌も治ってくる。

いつものように、将来の事も話した。

『彼女』は
「あと10年は女優として活動したいから、
30才になるまでは結婚を待ってほしい」
といつも言っていた。

『彼女』を応援していたし、俺も、自分がまだ頼りない事を分かって
いたので、10年後に結婚するくらいでちょうどいいと思っていた。


そのうち、『彼女』はこんな話をし始めた。

「私、結婚したらマンションに住みたいって言ってたけど、一戸建て
に住むのもいいかな。って最近思うようになったんだ~♪」

『俺も一戸建てがいいなぁ♪そして、でっかい犬を飼うんだ♪』


その日はいつもより長く話していた。

ふと、昔の話になった。

「昔、私がゲドーちゃんに、
 「もし私がこのまま付き合ってても将来結婚はしないって
 言ったら、ゲドーちゃんどうする?」って聞いたとき、
 ゲドーちゃんは別れるって答えたよね?」

と、『彼女』が聞いてきた。俺は答えた。

『うん、言った。でも、逆の立場で考えてみてよ。
 もし俺が、君とは付き合うのはいいけど結婚する気はないよ。
 って言ったらどうする??』

『彼女』は答えた。

「う~ん、別れる・・・と思う。」

『だよね!?やっぱ未来の無い関係は嫌だよ。
 俺は今まで結婚とか考えたこと無かったけど、
 君だから結婚したいと思うんだよ。今すぐじゃないけどね。』

「そうなんだ・・・。でも、30歳になってもその時に女優の仕事が
 面白くて、「私まだ結婚したくない」って言うかもしれないよ?」

『その時は、俺待つよ。君が結婚したくなるまでね!」

「そっかぁ・・・でも私、自分が結婚するって事を
 全然想像できないんだよね・・・」

『だ、だって、君はまだ二十歳じゃん!?俺だって、二十歳の時は
 そんな事想像出来なかったよ!!」


「・・・・・・・・・・・・。」


『・・・・・・・・・・・・。』


「ゲドーちゃん・・・
 私達、もう無理だよ・・・」


『!!!!!!!!!!!』


「・・・・・・・・・・。」


『で、でもさ、何も今そんなにいつ結婚するとか考えなくても、
 付き合っていく中で、お互いが結婚したいと思ったときに
 結婚すればいいんじゃないかな!!??』


「・・・・・・・・・・。」
 
 
『・・・・・・・・・・。』


「ごめんね・・・・。」


その後も俺は説得し続けたけど、『彼女』の答えは変わらなかった。

『俺の事好きじゃなくなったの??』って聞いたら、

「大好きだよ。でも、遠距離になってからゲドーちゃんの事ばかり
 考えてしまって、不安だし、つらいし、ネガティブに
 なってちゃって、女優事務所の方からも仕事が来ないんだ!
 
 まだゲドーちゃんと付き合う前に、落ち込んでた時があって、
 その時は、ポジティブにいつも笑顔で頑張ろうって思って
 行動したら、ちゃんと結果がついてきたんだ!
 ゲドーちゃんとも付き合えたし、事務所にも所属できたし!」

『つらいから、考えないようにする為に別れるって、
 そんなの逃げてるだけじゃん!!そんなんじゃ、この先も
 つらい事から逃げるばっかりになるよ!!
 それに、俺が浮気なんてするわけないし、俺の気持ちはちゃんと
 分かってるっしょ!?不安になるのがおかしいよ!!
 なんで、そんな事考えるの!!??」

「よく分からないよ!頭の中がグチャグチャで!」

それからは、何を聞いても「分からない」ばっかりだった。

『じゃあさ、もう夜中だし、お互い頭の中が整理できて
 ないと思う。明日また電話するから、それまでにもう一度
 考えといてね。』

と言って俺は電話を切った。


その日は一睡も出来なかった。


次の日また電話した。

そして、今、どう考えてるかを聞いたら、考えは変わらない
との事だった。

すでに、1ヵ月後に東京に2泊3日で行く為の航空券を予約
していたので、そのときに会って話そうと言って、また電話を切った。


その日の夜、俺は泣いた。

泣いても泣いても涙は止まらなかった。

頭の中がグチャグチャで、自分でも訳が分からない状態だった。

でも、2人の関係が確実に終わった事は分かっていた。


俺は、本気で『彼女』のことが好きだった。

俺は、本気で『彼女』のことを愛していた。

自分の命よりも『彼女』のことが大切だった。

もし、目の前に銃口を突きつけられどちらかを殺すと言われたら、
迷わず、「俺を撃て」と言える。


でも、それ程大切だった『彼女』失ってしまった。

こんなにつらい思いをするくらいなら、もう2度と誰も
好きになんかならないと思った。

それからも何日も泣いたし、ずっとずっと考えた。

なぜ、突然彼女が別れようと言ったのか?

2人で旅行に行った時にはそんなそぶりなんかなかった。

それから別れるまでの彼女との会話にも何の変化も無かった。

やっぱり、突然としか思えなかった。



食欲が全然なくなり、体重が5kg減った。

それでも俺は考え続けた。







そして、気づいた。






きっと・・・



突然、別れたいと思ったんじゃなかったんだ・・・



『彼女』は、悩んでたんだろう・・・



ずっと・・・



付き合って間もない頃は、よく『彼女』に聞いていた。

『何か不満に思ってることはない??
 思った事や、俺の嫌なとことかは
 溜め込まずに、ちゃんと何でも話してね。』と。

『彼女』は人の悪口も言わないし、愚痴もほとんど言わず、
色々なことを我慢して溜め込むタイプの子だったから。


でも、いつしか俺は聞かなくなった。


俺は、遠距離恋愛でも不思議と不安は無かったし、
お互いが信じていれば大丈夫だと思っていた。





だけど・・・




『彼女』はきっとふたりの距離が離れて不安だったんだろう・・・

そして、心の距離も離れていったんだろう・・・



俺は、その事に気づいてあげられなかった。




だから、大切な人を失ってしまった。




もう・・・




二度と・・・




同じ理由で大切な人を失う事はしない!!!



そう決意した。






後日、『彼女』に電話をして聞いた。


やはり、突然じゃなくてずっと悩んでいたそうだ。


『気づいてあげられなくてごめんね。』

と俺は言った。


『恋人じゃなくなっても、君が俺にとって大切な存在である事は
 変わらないよ。困ったときは言ってね。友達として、君の力に
 なるよ。』



そして、最後に

『今まで誰かを好きなった事はあったけど、
 愛していると思えたのは君だけだったよ。
 人を愛するという事を教えてくれてありがとう。



そう伝えて、電話を切った。






そして・・・



ふたりの恋は終わった・・・







すぐに、『彼女』を忘れる事は出来ないだろう。

すぐに、また誰かを好きになる事は出来ないだろう。



でも・・・



いつか・・・



また・・・



人を好きになり・・・



誰かを愛したい・・・



だから・・・



つらくても・・・



今は・・・



進むしかないんだ・・・



そう思った。



そして俺は、また前を見て歩き始める。



結果報告
つらい思い出。でも、大切な思い出→ひとつ
スポンサーサイト



FC2カウンター

プロフィール

ゲドー

Author:ゲドー
現在23才
仕事はIT関係
趣味はキックボクシング 
 
一緒にナンパしたいなぁという男性
ゲドーに会ってみたいという女性  等
御用の方はコチラまで↓
sakusakusakusenkaigi@mail.goo.ne.jp

人見知りしない性格を利用して
アップ系のナンパをしています。
いつの日か真実の愛を手に入れる
事が出来るのだろうか・・・

僕がナンパを始めた理由が知りたい方は、カテゴリーの『ナンパ師になった理由』をお読みください。

スト評価
スト酷 ギャー!って感じ。
スト1 ブス
スト2 まぁブス
スト3 普通
スト4 結構可愛い
スト5 可愛い
スト6 芸能人クラス
スト巨 巨乳ちゃん  

それでは、ゲドー戦記をお楽しみ下さい。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

フリーエリア

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。